平成26年11月4日、第2回理事会が開催されました。

業務方法書の改正について

変更理由
経営不振に陥っている漁業協同組合等が、蓋然性の高い経営改善計画の策定及び実行により、経営の改善及び基盤強化を図るための資金として、漁協経営改善推進資金が創設されたこと等に伴い、「漁業信用基金協会業務方法書(例)の一部改正について」(平成26年4月1日付け25水漁第2082号水産庁長官通知)が施行されたことから、当協会の業務方法書について、所要の変更を行う。

業務方法書新旧対照表 PDFファイル

平成26年度第2回理事会
1.日   時  平成26年11月4日(火)  午前10時30分
2.場   所  漁協会館2階  信漁連会議室
3.議   事
第1号議案 理事の順位について
第2号議案 平成26年度上半期事業実績について
第3号議案 平成26年度理事報酬について
第4号議案 退任理事に対する退職慰労金について
第5号議案 求償権の違約金の免除について
第6号議案 求償権の償却について
第7号議案 その他
報告事項 ① 個人情報保護コンプライアンス委員会による内部点検結果について
② 運用状況について
③ 求償権の回収について
④ 農林水産省大臣官房検査部検査について
⑤ 基金協会の広域合併に係る勉強会について
第1号議案については、第1順位に白濱理事長、第2順位に広沢専務理事、第3順位に朽木理事、第4順位に下山理事、第5順位に原田泰光理事に決定しました。
なお、その他の案件につきましては、提案通り可決承認されております。